【本屋大賞2018候補作】今村夏子『星の子』―愛し、信じ合っていても、べつのものを見ているのかもしれないという戦慄―平松 洋子による書評(ALL REVIEWS)

© 2018 Googleまとめ