お金がないから諦めるのではなく少しだけ妥協してみることでほしいものは手に入る

お金にまつわる話しとして、憧れがあってもお金がないなら諦めざるを得ません。

しかし、憧れがあるのなら、なぜ諦めるのでしょうか。

お金がないからですが、ないならなぜ作ろうとしないのでしょうか。

それは憧れるモノやサービスを本気で欲しいと思ってはいないからです。

デメリットもある

お金がないから欲しいモノやサービスを諦めるのはナンセンスです。

もちろん、憧れや目標に到達したとしても、こんなはずではなかったという落胆することもあるかもしれません。

たとえば、タワーマンションに住んでみたいと思う人は多いものです。

でも、タワーマンションに住んでみると、地震による横揺れがあり、耐震性の弱さがあります。

エレベーターを待つ時間が長く、高層階なら地震で下の階に避難できないこともあります。

コンシェルジュサービスも無料ではなく、膨大な管理費を払っています。

景観を損ねるというだけの理由で、バルコニーに洗濯物が干せません。

それなら、低層マンションの部屋を購入して住んでもよかったかもしれないと思うかもしれません。

自分の立てた目標を達成したとき、満足感や納得がいくのであれば、お金がある・ないは関係ありません。

幸福感というのは決してお金だけで左右されるものではありません。

お金について考える

100%望んでいたものを手にすれば、モチベーションも上がります。

憧れを実現させるだけでなく、憧れは憧れのままのほうがよい場合もあります。

後悔しないためには、妥協も必要になります。

お金に余裕がない・今お金がない・十分なお金がない、色んな不足の事態があります。

一つ一つ当てはめてみましょう。

マイホームがほしいのなら、余裕がないなら先送りにしましょう。

今、お金がないなら融資を受けて、後々返しましょう。

十分なお金がないなら、それに見合ったマイホームを取得しましょう。

あなたの夢はマイホームがほしいということにあるなら、新築でなくとも、人気エリアでなくとも良いはずです。

高望みをすれば後悔する可能性があります。

低い位置からなら、さらに高見を目指してがんばれるでしょう。

お金がないというなら、作ればいい話です。

ないから諦めるのは物欲がない証拠です。

ないのか、不足しているのか、いろんな視野でモノやサービスを手に入れましょう。