お金がないからこそ気持ちの上では貧しくならないように豊かさを常に持つ

玉の輿とよく話に聞きますが、実際に玉の輿というのも一利あります。

自分にお金がなければ相手にお金を求めてみるというのも一つの手ではあります。

ですが、金銭的よりも精神的な面も考えなければいけません。

玉の輿にのる

お金がない、お金が欲しい女性にとっては、金銭的な意味での玉の輿に乗れるのも魅力です。

金銭的な玉の輿に乗った女性というのは、お金にしか興味がない場合にはきっと幸せになれるでしょう。

しかし、お金よりも愛情だというなら、玉の輿に乗っても決して幸せにはなれません。

それに対して、精神的な玉の輿に乗るというのは『自分にはもったいないような素晴らしい人』だといえる人と結ばれるということです。

お金がない人の運と、お金がある人の運、必ずどちらかの運が落ちることをご存知ですか?そうなると、こんなはずではなかったのにと思うようになってしまいます。

お金があるから幸せではない

お金がないから、お金がある人の元へ行く女性を玉の輿といいます。

玉の輿に乗った女性は、本当に幸せなのでしょうか。

金銭的な玉の輿に乗れば、確かにお金は何不自由なく使えるでしょうが、それが必ずしも幸せなこととは限りません。

お金があると慣れてしまいます。

人やモノ、サービスなどに感謝することもなくなるでしょう。

それに金銭的な玉の輿といってもたかが知れています。

高級車を買ったり、タワーマンションに住んだり、これは一般的なサラリーマンでも決して難しくはありません。

第一、お金だけが目当てなら、宝くじに当たって億万長者になった人でも、悪徳詐欺を繰り返してお金持ちになった人でもいいワケです。

幸せというのが、簡単に取り替えがきくというのもいささか節操がないのではないでしょうか。

だからこそ、ある程度お金があれば十分なのです。

お金がないから幸せになれないのではありません。

お金がなくとも、マザー・テレサのように気持ちの上で豊かさがあるパターンも当然ながらあります。

だとすれば、お金がある人と結婚しても、物欲は満たされるのに、心は満たされない場合もあるということです。

何を大事にすべきかが、自ずと見えてくると思います。

色々な人から出資を募ってお金を集めれば計画をスムーズに進めることができる

起業をしたい、新しく何かを始めたいという場合に必要となるのが、お金です。

どれだけ素晴らしいアイデアがあったとしても、お金がなければ実現できないことが多いものです。

お金がなくて計画を進めることができないと悩んでいるのであれば、お金を集めることを考えてみると良いでしょう。

どうすればお金を集めることができるのか、集める際にはどんな方法を選べば良いかなどを一緒に見ていきましょう。

投資をして貰おう

何かを実現するためにお金が必要という場合は、その企画を応援する人から出資を募ることを検討してみると良いでしょう。

色々な人から出資をして貰い元手を作るというのは、株式会社と同じ仕組みです。

世界的に有名な企業も、多くの人からお金を集めて資金を作ることによって、事業を進めています。

この仕組みを成功させるために必要となるのが、リターンを用意することです。

利益が出た時には、分配金を用意するなど特典をつけることで、お金が集まりやすい状態を作ることができます。

成功すれば、大きな利益に繋がりそうなアイデアがある場合は、身近に出資をしてくれる人がいないか探してみると良いでしょう。

クラウドファンディングに挑戦しよう

自分の企画やアイデアに対し、多くの人からお金を集めたいという場合は、クラウドファンディングに挑戦することが有効です。

クラウドファンディングを利用すれば、企画を応援したいという人から出資を受けることができます。

さらに、クラウドファンディングを行うことで、企画の宣伝にも繋がるというメリットが生まれます。

ただ、魅力を感じない企画や、独りよがりなアイデアでは思うようにお金が集まりません。

クラウドファンディングを利用する際には、目にした人が思わず出資をしたいと感じる内容での募集を心がけておくと良いでしょう。
漠然とした内容を書くのではなく、成功した場合の光景を具体的にイメージできる内容をまとめた上で募集をすることで、お金を集めやすい状態を作ることができます。

ネットでお金を集めよう

アイデア実現のために、お金を集めるというのは、株式会社なども行っている手法です。

同じ方法で、お金を集めたい場合は、ネットで手軽に出資者を募れるクラウドファンディングの利用を考えておくと良いでしょう。

クラウドファンディングを利用すれば、個人でもお金を集めることができます。

成功をすれば、お金の心配をすることなく、企画や計画を進めていくことができるでしょう。

お金がない!!今すぐお金が欲しい時はまずは自宅にあるものを売りに行くことがおすすめ

少額でもお金が欲しい時など、すぐにでも現金が必要なとき使いやすい方法に、自宅にあるものを売る方法があります。

リサイクルショップや金券ショップに売りに行ってその場で現金をもらう方法です。

どんなものがおすすめになるのでしょうか。

図書券や商品券、ギフト券など

自宅にあるもので現金に変えるものでおすすめなものは、図書券やクオカードなどの商品券、アマゾンのギフト券などです。

実際のお金のように使えるものの方が、その譜面に近い金額のお金になりやすいです。

常に人気のある商品ですので、売値も高くなることが期待できます。

専門の金券ショップは、競合のため値段が高い設定になっていたりお得に売りに出せることがあるため、流通が多い商品なら複数の金券ショップを比べるのがおすすめです。

店頭に行かなくても商品を売ることができたり、素早く現金を手に入れることができます。

本やゲーム、CDなど

自分がコレクターだったり、趣味を持っているのなら、マニア受けする商品は高い価格で売れることがあります。

人気のある芸能人のCD、手に入りにくくなっている漫画、人気の古いゲームソフトなど意外に商品として高く買い取ってくれるときがあります。

自分がうまく持っているかは偶然な部分もありますが、キレイな辞書や全巻揃っている漫画などは高く買い取ってくれることもあります。

自宅の整理にもなりますのでおすすめです。

また人気のあるビジネス本や一度読めば何度も読まなくてもよいものなど、売りに出すと高く売れることもあります。

自宅にあるもので売りに出すためにおすすめな商品は、できるだけ現金に扱いが近くなる商品券や図書券、クオカードなどになります。

また書籍やCDやおもちゃカードなどもプレミアがつくような商品もあります。

店頭に持っていけないような大きくて重いものは、自宅まで着て買取してくれるようなサービスもありますので、自宅が遠い人など使ってみるのも方法です。

自宅にあるものを売ることは、お金にもなりますし、自宅の整理にもなり空いているスペースも広がって、家が広くなったように感じられますので良いことも増えます。

お金がない人はどういうことをしてしまっていることが多くていつも金欠になるのか?

お金がないといつも言っている人は自分ではお金を使うことをそこまでいけないことだと思ってないです。

それどころか毎月収入があるという思いがあることで今あるお金を使っても平気だと思っているくらいです。

実際私がそうでした。

毎月の給料が多いわけでもないのに来月になればまたお金が入ってくるという思いがあって衝動で買い物をすることがよくありました。

そのためいつもお金がない状態になっていました。

ですが、そのような状態から抜け出すこと事ができる出来事がありました。

欲しいものが買えないことが起きた

私がいつも金欠状態になっていたのはいつも何か食べたいものや欲しい服があったら衝動的に買っていたというのがあったからです。
ですが、そのうようなことをしていたある日心の底から欲しいと思える物を見つけて、しかもそれが下手をしたらもう二度と手に入らないというものだったこともあっていつもお金がない状態になっていたことを猛烈に後悔しました。

しっかりお金の管理さえしていればお金に余裕があって本当に欲しい物があった時でも普通に買うことができたという思いがありました。

そこから私の考えも変わってお金をなるべく減らさないことを意識するようになりました。

お金の管理が大事

お金がないことで自分が後悔して気づいたのがお金の管理をしないといけないというものでした。

それまでは毎月どれだけお金が出ていくか全く把握してませんでした。

ですが、お金の管理をしっかりやるようになったことでお金が減るのが嫌だと思うようになってそこから自然とお金を貯めることができるようになっていました。

おかげでそれ以降私は毎月のお金の出を気にするようになったことで金欠になることもなくなりました。

つまり、お金がない人というのはお金が出ることにいつも無頓着なせいでお金がない状況になることが多いということです。

お金がないということにいつもなる人でも実はその多くは毎月のお金の管理をすることで防げます。

面倒がらずに毎月どれだけお金が出ていくかを意識することで自分がどれだけ余計なことにお金を使っているかを自覚できます。

そして、お金がないと嘆く人はお金が出ていくことを本当に嫌だと思うことで金欠になることも防げるようになります。

投資をするには高額な初期費用がかかる?ハイリスクは避けられない?はじめる前に知っておきたいこと

お金を増やすためのポイントは3つありますが、ここで紹介する「投資をする」は最もハードルが高い方法かもしれません。

投資には様々な種類があり「株式投資」「FX」「仮想通貨」「つみたて投資」などがありますが、どことなく怪しげなイメージが拭えません。

しかし投資は場合によっては大きなリターンが期待できるため、お金を増やすには非常に有効な手段でもあります。

初期費用が必要?!

投資というとどうしても「まとまった額の初期費用がかかる」と考えて敬遠してしまいがちですが、そうとは限りません。

確かに株式投資やFXにおいては高額な初期費用がかかる場合が多いのですが、特につみたて投資は少額の費用ではじめることができます。

投資には経験や知識が必要ですので、初心者の場合は少額からはじめられる投資を選ぶのが賢明かもしれません。

つみたて投資とは、申し込み後に毎月自動的に積み立てられる投資の方法なので、自力で貯金をしていくのが苦手な人に向いています。

そしてつみたて投資でよく知られているのは「iDeCo(個人型確定拠出年金)」や「つみたてNISA(少額非課税制度)」です。

税金の控除が受けられる場合もあり、注目が集まっています。

投資はハイリスク・ハイリターン?!

投資=ハイリスク・ハイリターンという言葉を思い浮かべるかもしれませんが、これはあながち間違っていません。

株式投資の失敗エピソードで「保有していた株券が一夜にして紙切れ同然になってしまった」という話を聞いたことがある人もいるでしょう。

冒頭でお金を増やすためのポイントが3つあると紹介しましたが「収入を増やす」と「支出を減らす」とは違い、投資は唯一マイナスになる可能性のある方法です。

収入を増やすことも支出を減らすことも、最悪の場合ではゼロはあってもマイナスはありません。

しかし投資の場合は方法によってはマイナスになってしまう可能性もあるのです。

そして変動が大きくリスクの高いものほどハイリターンの可能性があるのも事実です。

これらを理解した上であくまでも余剰金を使って投資をおこなうようにしましょう。

投資と一言にいってもその方法は色々とあるため、リスクや初期費用の少ない手段を選べば負担を最小限に抑えて投資をはじめられることがわかりました。

しかしそうはいっても投資にリスクは付き物です。

生活費を資金に充てたり借金をしてまでおこなうものではありません。

そしてハイリターンを狙うのであれば、多少のリスクは覚悟することが必要です。

借金苦、経済苦…他人事ではない!こんな時にどうしたらいい?!2つの手段を紹介します

お金がなくて困っている人は、もう既にクレジットカードでのキャッシングや、金融機関からの借入をおこなっている場合がほとんどです。

そのため、これ以上借りられるところがない、返済で首が回らない状態になっています。

では、万が一こうなったときに私たちはどうすればよいのでしょうか。

借金苦や経済苦で命を絶ってしまう人がいまだにいますが、そうならないための手段について考えましょう。

債務整理とは

債務整理とは借金を減額したり支払期限を延ばしたりして、借金苦を和らげるための方法です。

債務整理を分類すると「過払い金請求」「任意整理」「民事再生」「自己破産」となりますが、小難しそうな言葉が並びよくわかりません。

これらの手続きは弁護士に依頼することで債務整理の仕組みや法律について詳しくない一般人でも、安心して債務整理をおこなうことができます。

それまでの、返済に終われて精神的にも肉体的にも追い詰められた状態から、少しでも解放されるためにこの債務整理を選択する人もいます。

債務整理の種類によってメリット・デメリットが変わってきます。

財産を処分されてしまったり、新規のカードがつくれなかったりと、生活に制限がかかる場合もあります。

おかれた状況や立場によってどの方法が合っているかはひとそれぞれです。

もし借金問題に悩んでいるならば、一度弁護士に相談してみてもいいかもしれません。

生活保護とは

生活保護とは国や自治体が設けている公的扶助制度で、最低限度の生活を国民に保障するものです。

もしも自力では生活していけないと悩んだときには、こういった制度があることを思い出しましょう。

本当に困窮している人にとっては最後の砦ともいえる制度ですが、希望すれば誰でも生活保護を受けられるわけではありません。

申請後の調査で却下される場合もありますし、そもそも申請を受理されなかったというケースもあります。

また「社会に迷惑をかけたくない」と生活保護を拒否する人もいますが、これは国が国民に保障するもので当然の権利なのです。

借金苦や経済苦で追い詰められている人が、法律に則って正しい方法でそこから抜け出せる方法があることがわかりました。

債務整理や生活保護というと特別な言葉に聞こえるかもしれませんが、近年では不景気などにより普通の人がこれらの方法を最後の手段として使うケースが増えました。

これらは自分の生活や命を守るために用意された命綱です。

万一の時は、躊躇うことなく利用するべきなのです。